PrivacyPolicy

このページでは、ラクーンウォレットのプライバシーポリシーについて記載します。
ラクーンウォレットを使っていただけるユーザーの皆さんは、こちらのページに表記したポリシーに同意のもと、ご使用ください。

プライバシーポリシー

1.原則

RaccoonWalletは、ユーザーの個人情報に関する法令その他の規範を遵守し、ユーザーの大切な個人情報の保護に万全を尽くします。

 

ユーザーのデータは:

・ユーザー自身のものです
・ユーザーが管理します
・ユーザーの責任で利用できます

 


2.概要

RaccoonWallet開発者(以下「開発者」)が提供しているアプリ(以下「本アプリ」)は個人のためのブロックチェーン上に展開する仮想通貨およびトークンの送金・管理およびそれらに関連するペイメントサポートサービスです。

本アプリは、個人情報の保護に関する法律の趣旨に則り、ユーザーが本アプリを利用する際に蓄積される個人情報をユーザーの希望に添って取り扱います。

3. 用語

  1. 「秘密鍵」とは、ブロックチェーン上に展開する仮想通貨およびトークンにおいてアドレスごとに存在する、全操作権を持つ一連の文字列のことをいいます。

4. 本アプリが収集する個人情報の内容

本アプリは、本アプリを提供するに際し、ユーザーのプライバシーを重要視し、個人情報の収集の削減を目指しております、
原則的に、本アプリは個人を特定可能な情報を収集していません。
ただし機能改善のために個人を特定には至らない情報の取得は行っています。
ユーザーが本アプリするにあたって収集される情報は、以下の通りになります。

  1. firebaseを用いたクラッシュログ

本アプリは、ユーザーからこれらの情報をご提供いただくことにより、本アプリのサービスの提供とサポートを実施できます。

5. 明記の必要性のある、本アプリが収集を許可しない個人情報の内容

本アプリは、仮想通貨送金・管理およびそれらに関連するペイメントサポートサービスです。
そのため、ブロックチェーンおよび仮想通貨に由来する資産的価値をもつ情報を取り扱います。

本アプリでは、特に以下の項目について収集はしないことを明記します。

  1. 秘密鍵

以上の項目は、恒久的に収集されるべきではありませんが、本アプリのオープンソース化に伴い、万が一変更が加えられる可能性がある場合、開発者はただちにユーザーに通知し、ユーザーのプライバシーと資産の保護を義務とすることとします。

6. 本アプリが収集している個人情報に関する利用目的

クラッシュログの利用目的

  1. アプリで発生したエラーの詳細レポートを収集し、バグやエラーの改善に役立てます。

この際、どのような端末か・バージョンはいくつなのか、またアプリバージョンはいくつなのか、等は機械的に収集しています。
ただし、レポート自体が個人を特定可能な情報(名前、メールアドレス、電話番号など)を収集することはありません。

7. 情報の取得方法

クラッシュログは、Googleのfirebaseを用いて収集されます。
クラッシュログ自体が個人を特定可能な情報(名前、メールアドレス、電話番号など)を収集することはありません。

8. プライバシーの窓口

本アプリの個人情報の取扱いに関する苦情および相談等があった場合、サポートチャンネルにて、迅速かつ適切な対応をします。

プライバシー相談窓口

RaccoonWallet 公式DISCORDチャンネル

9. 個人情報保護方針の変更

本アプリは、個人情報の取扱いに関する運用状況を適宜見直し、継続的な改善を図るものとし、個人情報保護方針を必要に応じて変更することができます。変更日の1か月前までにその旨を通知または告知を行うものとします。新たな個人情報保護方針は、本アプリの公式ウェブサイト、およびアプリ内ダイアログのいずれか、または両方の方法でユーザーに通知します。

本アプリがこの個人情報保護方針を守っていないと感じた場合には、本アプリ公式DISCORDサーバーを通じてサポートチャンネルに連絡してください。

2018年5月16日制定

© 2018 RaccoonWallet