ウォレットとは何ですか?

Last Updated On 11月 19, 2018
< Back

 

(暗号通貨の)ウォレットは、ブロックチェーンと対話するための端末またはクライアントとして説明できます。
主に、分散された台帳であるブロックチェーン全体のネットワークに新しいデータを追加するように要求する作業を担います。

 

このクライアントがウォレットと呼ばれる主な理由は、ブロックチェーン上に発行された暗号通貨またはトークンの残高をクライアントのユーザーが確認し、他のウォレットに価値を移すために使用されるためにそのようなメタファーを用いた名称が使われています。

ただしウォレットを使用することで、ブロックチェーンに基づくあるいはブロックチェーンに関連した他のユースケース固有のタスクを実行することもできます(ただし、これらの機能が構築されている場合)。

例としては、ブロックチェーンにより構築が可能になる分散型アプリケーション(Dapps)のハブとしての機能がウォレットに組み込まれるなど、現実世界の財布のような価値の保管と移転に限定されるプロダクトよりも柔軟な役割を暗号通貨ウォレットが担う場面が多く見られます。

 

原理主義に基づくブロックチェーン・アーキテクチャーのウォレットの動作は、クライアント上にブロックチェーン全体のコピーを保持することで二重支払いの問題を回避しています。
つまり、ブロックチェーンネットワークでウォレットを使用するには、「同期」プロセスが必要になることがあります。
ただしNEMに基づくRaccoonでウォレットを作成した場合には、すべてのブロックチェーンの同期はせず即座に機能します。