Raccoonとは何ですか?

Last Updated On 11月 21, 2018
< Back

 

 

Raccoonは、簡単に言うと暗号通貨を取り扱うためのアプリケーションです。
→暗号通貨とはなんですか?

これらアプリは、一般的に”ウォレット”の名前で呼ばれています。
→ウォレットとはなんですか?

Raccoonの対応デバイスは以下にあります。
対応デバイス

 

 

Raccoonがメインにサポートし、かつ活用するブロックチェーンソリューションはNEMであり、よって対応する暗号通貨はXEMになります。
ただしこの通貨対応は一意なものではありません。

→ブロックチェーンとはなんですか?

→NEMとはなんですか?

アプリにおける基本的な通貨移転に関わるトランザクション処理はNEMの提供するAPIを通じて構築されます。
また、その他の支払い請求などもネイティブに実装されているアグリゲートトランザクションなどを用いて搭載が予定されています。

ただしこの際の通知や暗号通貨アドレスに紐付くプロフィール登録などの機能は、Raccoonサイドで実装されるソーシャルネットワークのロードマップがあります。

→Raccoonソーシャルネットワーク:準備中です。

 

由来

Raccoonは、英語でアライグマを指します。

私達のアプリケーション名であるRaccoonには、以下の3つの意味が込められています。

  1. つねに好奇心と冒険心を併せ持ちながら、環境に合わせて変化する適合性をもつ、自由で愛らしい子供のようなRaccoonへの尊敬
  2. Co-Creation(共創)
  3. 難しい印象がある暗号通貨が楽(ラク)であるように

詳しくは →Raccoonの由来は何ですか?

 

開発

 

Raccoonはオープンソースです。
ソースコードは総合的な開発プラットフォームであるGithubで公開されており、閲覧権限はすべての人にあります。
また多言語化対応における作業などもコミュニティの支援に頼っています。

開発費なども個人、団体に限らず支援していただいており、現在のところそうした寄付の形で運営されています。

支援については性質上、暗号通貨のみ対応しています。

→Raccoonを支援することはできますか?

→Raccoonを支援するにはどうすればいいですか?

→支援先