NEMの秘密鍵を使って別のウォレットソフトウェア・アプリケーションに、NEMアカウントをインポートする方法を説明します。

インポートというとブロックチェーンの概念に慣れていない場合には、少し不思議な操作な気もするかもしれません。
ですが暗号通貨はウォレットそのものに入っているわけではありません!

暗号通貨の残高はアカウントごとにブロックチェーンに記録されているものなので、基本構造が技術文書に沿って開発されているウォレットであれば、どのようなものでも秘密鍵を用いてブロックチェーンにアクセスし、残高確認や資金移動等の操作を行うことができます。

 

ウォレットをインポートする必要のある状況としては、

・別の端末でアカウントにログインしたい。
・あるいはNEMのウォレットにiOSのモバイルウォレットを使用していた場合などは、ブロックやハッシュなどが確認できないなど一部機能に制限があるため、別のクライアントを使用したい。

といった状況が考えられます。

こうした場合、まず移転元のウォレットを使って秘密鍵をエクスポートし※、その秘密鍵を使って別のウォレットでアカウントにログインする必要があります。

(秘密鍵を事前に控えていた場合には、エクスポートの作業は必要ありません。)

 

秘密鍵のエクスポート

 

・秘密鍵を事前に控えていなかった。
・あるいは忘れてしまった。

このような場合には、秘密鍵のエクスポートの作業が必要です。

 

iOS版の場合

 

 

 

nemwallet_iOS_account_export1

メニュー>アカウントをエクスポート
からアクセスできます。

nemwallet_iOS_account_export2

 

確認を押します。

 

nemwallet_iOS_account_export3

 

公開鍵のQRとキーの画面に移ります。
今回必要としているのは公開鍵ではなく、秘密鍵のほうなので、

プライベートに関する見解

を選択して秘密鍵の表示をリクエストします。

 

nemwallet_iOS_account_export4

説明がでますので注意事項をよく読んだ上で「プライベートキー(秘密鍵)を表示」を選択します。
すると秘密鍵が表示されますので、タップしてキーをコピーしてください。

 

Android版の場合

 

iOS版と同様、あるいは類似した手順です。
基本的には、メニューから「エクスポート」を選択肢、秘密鍵の表示を要求したあと、タップして秘密鍵をコピーします。

 

 

 

別のクライアントから該当ウォレットにログインする

raccoon_on_nem2

 

代表的なものは以下です。

PC:NEM Wallet(公式)(旧NanoWallet)
パソコンで使うことができる、NEM公式のウォレットです。

モバイル(スマートフォン):Raccoon(Android,iOS)
モバイル端末で使えるNEMウォレットです。
オープンソースで開発されています。
リリース状況は、こちら↓から確認してください。

 

 

NEM Wallet(公式)の場合

 

この場合PCによる作業となります。

Downloads

こちらにアクセスし、

 

NEM wallet download

ボタンから任意のクライアントをダウンロードします。

Universal clientは、ブラウザを利用したウォレットでありOSに依存せず使用できるため、利便性を考慮して通常はこちらを推奨します。

 

nemwallet_import_inport_sercretkey_step1

 

ウォレットを起動したら、上部ツールバーから「アカウントを作成」を選択し、「プライベートキーウォレット」を選択します。

シンプルウォレット 新しくウォレットを作成するときに使います。
プライベートキーウォレット NEMブロックチェーンに対応した秘密鍵を持っているときに、その秘密鍵を利用してウォレットにログインするときに使います。

 

 

nemwallet_import_inport_sercretkey_step2

 

ネットワークは「Mainnet」を選択します。

 

 

nemwallet_import_inport_sercretkey_step3

 

パスワードを入力します。
このパスワードは、クライアントのみで有効なパスワードではなく、他のウォレットアプリケーション・ソフトウェアで秘密鍵を利用したインポートを実行する際にも必要なパスワードになってきますので、パスワード管理ソフトウェアを使用して、確実に保管してください。

 

nemwallet_import_inport_sercretkey_step4

移転元のウォレットでエクスポートした秘密鍵を入力します。
これでインポートは完了します。

 

 

Raccoonの場合

 

モバイル環境でアカウントをインポートする際の手順を説明します。

アプリケーションは、Raccoonを使用します。

 

ダウンロード

 

ダウンロードから端末のOSに合ったものを選び、ストアからアプリをインストールします。
ここでは端末がAndroidOSであることを想定して説明します。

 

セットアップとインポート

 

 

nem_raccoon_wallet_import_sercretkey_step0

 

アプリを起動すると、アプリ紹介のオンボードが表示されます。
「はじめる」を選択してアプリの利用を開始します。

なおここでは現在開発中バージョンのUI(ユーザーインターフェース)で説明します。

 

nem_raccoon_wallet_import_sercretkey_step1

 

新規にアプリを開始すると、ウォレットの作成方法についての選択画面が表示されます。
ここではNEMの秘密鍵を使ってRaccoonにアカウントをインポートする方法を説明していますので、下のインポートを選択します。

 

nem_raccoon_wallet_import_sercretkey_step2

秘密鍵を入力 >ウォレット名の設定 >完了

インポート作業は上記のような流れになっています。
インポートには2種類あり、秘密鍵を直接入力とQRコードによる方法とに分かれます。

追加情報入力
秘密鍵を直接入力 必要なし
QRコード(NEM Wallet PC:公式) 必要あり

 

nem_raccoon_wallet_import_sercretkey_step2_nemwallet_enter_pw

NEM Wallet(PC)(旧NanoWallet)で出力したQRコードをスキャンして行う場合には、秘密鍵の他にNEM Wallet(PC)で設定したパスワードを入力する必要があります。

これでアカウントのインポートは完了します。

 

 

Show CommentsClose Comments

Leave a comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください